正式名称は、心身改善臼井靈氣療法です。1922(大正11)年肇祖臼井甕男によって開発された、手当てによる癒しの技術です。心身改善を目的とした手技です。肉体、精神の改善はもとより、悪癖の修正、遠隔による活用も可能です。戦前には100万人以上の実践者がいました(宗教ではありません)。

 

宇宙(太陽)からの靈氣(エネルギー)を取り次ぐ宇宙(太陽)からの靈氣療法(ヒーリング)を簡単に言いますと、宇宙(太陽)からの靈氣(エネルギー)を受け取り、施術者(ヒーラー)が自分の身体を通して増幅し患者に与える作業です。

 

宇宙(太陽)からの靈氣(エネルギー)を取り次ぐ

宇宙(太陽)からの靈氣療法(ヒーリング)を簡単に言いますと、宇宙(太陽)からの靈氣(エネルギー)を受け取り、施術者(ヒーラー)が自分の身体を通して増幅し患者に与える作業です。

未知なるエネルギーによって患者自身の持つ自然治癒力を目覚めさせる。

そのために手を当てたり、かざしたりするのです。

 

宇宙(太陽)から絶えず靈氣(エネルギー)が発生しています。そのエネルギーは物理的なエネルギーと比べて圧倒的に速く、しかも微細に振動しています。「サトル(微細)エネルギー」とも呼ばれます。施術者(ヒーラー)は宇宙(太陽)から靈氣(エネルギー)と波長を合わせることが大切になります。それには患者のために能力を使わせていただけることに感謝し、更に五戒の教え(今日だけは,怒るな、心配すな、感謝して、業を励め、人に親切に)を実行することです。

 

患者には、靈氣(エネルギー)を受ける能力を持っているのですが、病人というのはその能力が冬眠状態なのです。だから施術者(ヒーラー)の身体を通して、そういった能力を目覚めさせる働きをするのが靈氣療法(ヒーリング)なのです。

 

「直傳靈気研究会」趣旨 

1.直傳靈気(靈気療法)がいかに効果的であるかを立証、体験をまとめた本を出版。

2.直傳靈気(靈気療法)を代替医療の切り札として活用する。

3.直傳靈気(靈気療法)が医療現場で活用される為、医師や看護師その他、代替医療の現場従事者に直傳靈気を普及、真の医療改革を目指します。

4.家庭に靈気療法を普及、安易に対症医療や薬に頼らない事で医療産業廃棄物の削減に貢献、地球環境問題に積極的に取り組みます。

-

トップに戻る